当院のご案内

さめじま病院

ごあいさつ

院長 鮫島 隆晃

これからの新しい精神科医療の実現を目指して

さめじま病院は、佐賀県の北部の山あいの川のほとり、自然に恵まれた環境の中にあります。春には梅や桜、菜の花などが鮮やかに咲き、ウグイスなどの野鳥の声に安らぎ、梅雨頃には白鷺も舞い降り、秋には曼珠沙華があぜ道を彩り、紅葉と共に心を和ませてくれます。水も豊かで、失われつつある四季の変化が身近に感じられる癒しの場所です。

さて、戦後の混乱を乗り越え、世界有数の経済大国となったわが国は、欧米のように成熟した社会に近づく一方で、バブル崩壊、リーマンショックを経て、国際競争力の相対的低下と出生率低下による人口減少、そして他国に類をみない超高齢化社会の到来によって岐路に立たされています。

精神科医療に目を向けてみると、「こころの時代」という言葉があちこちで聞かれるようになって久しくなり、社会構造の変化に伴い精神科医療に対するニーズも明らかに変化しています。かつて、明治時代に癲狂院が作られ、呉秀三東大教授が私宅監置の実態を憂い、全国8ヶ所に精神科病院を設置した戦前を経て、戦後の高度経済成長と連動するかのように昭和30年頃から年間1万〜2万床もの精神科病床が増加していた時代がありました。そして、平成の時代も終わり、精神科医療のシステムも変革期を迎えています。

社会構造の変化は疾病構造の変化をもたらし、病と健康の間はますますシームレスになりつつあり、従来型の診療ではニーズをカバーできなくなっています。また、精神科医療は元来他の診療科に先駆けて他職種チームによる医療を行ってきましたが、新しい精神科医療のシステムを考えていく場合、他国の例をみても、まず脱施設化ありきでセーフティーネットの機能しない社会制度下では、病に苦しむ人から健康で文化的な生活をただ奪うことになりかねません。そこには質の高い生活支援、退院支援が適切に行われる必要があり、さらなるチーム力の向上と介護・福祉とのスムーズな連携が求められています。
当院では、こうした時代のニーズの変化を真摯に受け止め、病に苦しむ人、社会から疎外感を受けている人、ストレスに苛まれている人の心に寄り添い、医学・薬学の研鑽と診療看護技術の習得に励み、生活支援に必要な社会制度に精通したケースワークとより良い日常生活に必要なリハビリテーション、適切な栄養管理を通じて、医療専門職としての重責を果たしていきたいと考えています。全職種が、苦しみ悩む人の心に寄り添う医療を目指し、しっかりと地域に根ざした、信頼され、いつでも安心して受けられる医療を実現できるように努力していきます。

最後に、戦争や災害に苦しむ人たちが、一日も早く心安らかに過ごせるよう願って止みません。

さめじま病院 院長 鮫島 隆晃

名誉院長 鮫島 健

精神科医療の基本

私は、開業以来、明るくて開放的な病院づくりを心がけてきました。勿論、地域精神医療と開放療法を念頭に置いたものですが、殊更にスローガンを掲げたり、特別なことをやろうという意識は全くありません。過去において、地域精神医療とか、開放療法と称して実践してきたことの多くは、極めて当たり前のことだったと思います。
私は、この当たり前のことを、肩をいからせるまでもなく、日常的に自然に行うことのできるような病院でありたいと思っています。

患者さんが安心して治療に専念できるような環境づくりと医療サービスの提供が我々の仕事の基本です。そのためには、設備の充実も必要ですが、何よりも大切なのは人間であり、治療スタッフであると思っています。
私は治療スタッフに対して、患者さんには常に優しく、親切で受容的であるように求めてきました。それは、患者さんが安心感を得るためにも、もっとも必要なことであり、そこに治療の原点があると思うからです。もっと単純に云えば患者さんはお客さんで、お客さんに喜んでもらってはじめて、私達の仕事が成り立つという、極めて当たり前の事実を出発点にしたいと思うからです。

また一方で、医療には専門的な知識や技術や修練が必要であることは云うまでもありません。そのための勉強の機会は出来るかぎりつくってきましたが、今後、更に充実を図り、優秀な医師、看護師、コメディカルスタッフなどを育てたいと思っています。

精神医療は曲がり角にきていると云われ、医療全体が厳しい環境にありますが、それだけに新しい発想と意欲的な仕事の出来る人材を必要としています。若い人々が仕事にやり甲斐を見出し、自己実現を図ることが可能な職場を一緒に作っていきたいと思っています。心やさしい、若い人たちの参加を心から期待しています。

さめじま病院 名誉院長 鮫島 健

看護部長 西牟田 静香

これからの精神科看護

現代社会は、経済的に豊かになり、科学技術も高度に発達し、より便利で快適な生活が営まれていますが、「ストレス社会」ともいわれています。ますます激しくなる競争社会、管理社会のなかで、現代人は多くのストレスをかかえており、それが原因で「こころの病」にかかる人がふえているのです。
また、2018年時点での高齢者の約7人に1人は認知症であり、その数が2025年には730万人へ増加し、65歳以上の5人に1人が認知症を発症すると言われています。
そのような現代社会の中での精神科病院の役割は多岐にわたると考えます。そして、私たち専門職のニーズは当然高くなります。そのためには先輩看護師からの示唆のみでなく、専門知識の習得のための自己研鑚が必要です。

他の欄で紹介しておりますが、当院の教育計画の中に、受け持ち患者さんとの関わりを振り返り安心して入院生活を過ごしてもらうための看護とは何か、何を患者さんは求めているのかなどを考え、今後の看護に活かすための研修を行っています。研修を終えた職員は、その患者さんのそれまで生きてこられた生活史を大切に思い、関わっていくことの重要性に気付きます。仮に机についていることが苦手だとしても、指導を受けながら受け持ち患者さんとの関わり方を見出し、自信に満ちた表情に変わっていきます。そして、その患者さんに何が必要なのか考えて行動する看護を身につけていくことができるのです。

2018年地域移行機能強化病棟が立ち上げられ、多職種の協力の下、年間12名の患者さんが退院されました。その後のフォローは、地域連携社会復帰支援部や外来、病棟と連携し、訪問看護などで地域社会での支援の充実を図らなければなりません。
そして、2019年病床数が変わり、新しい病棟、認知症治療病棟が立ち上がりました。各人はどのような役割を取っていくのか、カンファレンスなどで情報共有を図り新しい体制を作り上げようとしています。

人は変化する事に不安や動揺を感じますが、その反面希望と期待も湧いてきます。目前にあることは直接有益に感じとられないかもしれませんが、きっとそれは時がくると開花すると信じます。
患者さんに安心して過ごしていただくということ、そしてご家族の思いに寄り添いながら関わっていくことを続けます。
それが選ばれる病院になるための最良の手立てだからです。

看護部長 西牟田 静香

事務部長 山田 啓義

佐賀市の北部に位置する当院は、美しい自然環境に囲まれ、四季折々の景観を楽しめる素晴らしい療養環境を有しています。この地で精神科病院を開設しほぼ40年の歳月が流れようとしています。この間、「BEST FOR THE GUEST」をスローガンに患者さん及びその家族更には病院に係るすべての方々に接しています。

昨今、「入院医療から在宅へ」、「地域包括医療」等々のスローガンのもと、保健・医療・福祉のいろんなレベルでの連携がなされています。医療が必要な人、介護が必要な人更には医療・介護共に必要な人あるいは生活の場の提供が必要な人もいらっしゃいます。このような方々に、安心して療養を受けて頂けるように切れ目のない支援を目指しています。市町村をはじめとした行政の各種機関、公立病院、大学病院、かかりつけ病院並びに各種介護・福祉施設等とのきめ細かな連携が益々重要なものとなり、患者さんその家族との信頼に繋がるものと考えています。

私たち病院には、医師、看護師、薬剤師をはじめ、リハビリの作業療法士、精神科の医療ソーシャルワーカーである精神保健福祉士、公認心理師、あるいは食事の専門家管理栄養士等多くの専門職が在籍していますが、チーム医療に徹し「ONE TEAM」で患者さんの治療に全力で取り組んでいきます。

事務部長 山田 啓義