採用情報

さめじま病院

先輩からのメッセージ

田口 亜弥佳

私は、看護通信課程で学習しながら資格取得を目指し、日々勤務にあたっています。
学業との両立は非常に大変ですが、自分自身のスキルアップのため、同じ目標を持つ仲間と共に頑張っています。
当院は学業に専念できるような勤務形態の配慮があり、周りの先輩方の指導のもと安心して働くことができています。学習したことを、臨床の現場で照らし合わせながら、知識や技術を向上させたい。常に学ぶ姿勢を怠らず、これからの看護業務も頑張っていけたらいいなと思います。

松石 奨平

コロナ禍の中で頑張っている事
看護師免許を取得し三年目、精神科看護師としての学びは日々尽きません。看護学校在籍中よりお世話になっています。教育プログラムもしっかりしており仕事で学んだことを勉強に活かすことができました。長期実習でも多くの先輩方のサポートがあり、大変だった実習も乗り越えることができたと思います。
2020年は新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、当院だけでなく日本全国の病院が大きな影響を受けました。消毒回数の増加、家族面会の調整など仕事量が増えたのは事実です。このコロナ禍で一人の医療従事者として出来ることは限られていますが、コロナに限らず感染防止策の意識をよりいっそう高めることが出来たと思います。
日々の生活様式は変わっていきますが、精神科看護師として患者さんに寄り添い傾聴することを忘れず、患者さん1人1人と向き合っていきたいと思います。そして病院全体でこの危機を乗り越えるためにもoneteam、一つになりみんなで助け合いカバーしていければと思います。

城島 智子

看護学校に通いつつ病棟で働いています。学生として勉強しながら患者さんと接することは、学校で学んだことを直ぐに現場で生かすことができ、学びを深めることにつながりました。もちろん教科書通りにはいかないことばかりですが、それも含めて良い経験だと感じます。また、学業と仕事の両立は大変ですが、勤務形態などの相談をすることができ、学校での心配事を打ち明けることができます。様々なサポートのおかげで、安心して通学できました。
この仕事をしていて、患者さんの笑顔を見ることができた時に喜びを感じます。これからも患者さんにとって何が最善かを考えた看護を実践していきたいと思います。